スコティッシュフォールドとは 意味解説

激安スコティッシュフォールドの子猫ブリーダー販売
格安スコティッシュフォールド子猫販売 子猫の電話お問い合わせ TEL 06-6940-6300 スマホ 080-4026-9197スコティッシュフォールドとは
スコティッシュフォールドの子猫ブリーダー販売 スコティッシュフォールドとは

スコティッシュフォールドとは 意味解説

スコティッシュフォールドは大人気で、なんと現在猫種の人気ランキングで1位です。しかしこれまでに先人たちの色々な苦労があり、ここまで辿り着きました。その歴史を少しお話します。
1961年”イギリスのスコットランド”の中部”テイサイド”という地域のマクレー夫婦の農家に1匹の子猫(白猫)が生まれました。その猫は雌で【スージー】と名付けられました。

スージーは農場に生まれた他の猫たちと違い、どれだけの月日が流れても耳が立たないままでした。成長したスージーはやがて1963年に複数の子猫を産みました。そしてそれらの子猫の中にスージーと同様の折れ耳を持つ個体が発見されました。

猫好きだったご近所の羊飼いのウィリアム・ロスとメアリー・ロス夫妻は、【折れ耳】という特徴が遺伝的な要因であることに気付き、その生まれた子猫で雌の白猫一匹をもらいうけました。ロス夫妻は【スヌックス】(Snooks)と名づけたこの猫を元にして新たな品種を確立しようと試行錯誤し、最初は【ブリティッシュショートヘア】と交配させ、スヌックスは雄の子猫(白猫)を出産しました。その子猫を【スノーボール】と名付け、ブリーダーとして地元の展覧会へと出陳するようになりました。

実は【折れ耳】は突然変異による遺伝性疾患の一つであるため、健康を損なう猫がおり、スコティッシュフォールドの繁殖開始当初は、骨格や聴力の異常等、遺伝性疾患もしばしば見られました。
そういった事により、解決に向けて研究が重ねられました。【品種の確立】には遺伝性疾患の発症リスクを減少させて、体質の強化を図る必要がありました。

さらに1971年頃に数匹の【スコットランドの折れ耳猫(現スコティッシュフォールド)】が、メアリー・ロスの手によってアメリカ合衆国の【遺伝学者ニール・トッド】の元へと移送されました。また【遺伝学者パット・ターナー】達の手で、アメリカンショートヘア等と交配を重ね、現在の【スコティッシュフォールドの原型】を作り上げました。
主に【ブリティッシュショートヘア】【アメリカンショートヘア】【エキゾチックショートヘア】といった猫種との異種交配を進めるとともに、ブリーダー間で”折れ耳のスコティッシュフォールド同士の交配を禁じる”等、遺伝子プールの多様化を計画しました。※現在でも折れ耳同士の交配は認められてません。

尚、当初は【垂れ耳ウサギ】(lop-eared rabbit)にちなんで【ラップ】と呼ばれていましたが、後に【折りたたまれた】という意味で【フォールド】(fold)という名称に変わっていきました。
そして遺伝性疾患のリスクを弱め、品種の安定化が進められたスコティッシュフォールドショートヘアー1978年に、またロングヘアー1980年半ば頃に、ようやく繁殖がほぼ健康な状態で安定していると認められ、アメリカの猫種登録団体【CFA】に承認されました。
こういった先人たちの努力により、現在のスコティッシュフォールドはほぼ健康な状態で、子猫を出産出来るようになりました。


スコティッシュフォールド子猫ブリーダー販売サイト大阪府大阪市福島区吉野に電話・メールお問合せ・お申し込み TEL 06-6940-6300 携帯 080-4026-9197
子猫に安くて健康に良いロイヤルカナン スコティッシュフォールドとは
エサは一流メーカーを使用
していますので安心です


チャレンジ25 大阪/京都/兵庫 スコティッシュフォールドとは 健全に子猫販売購入
エコに貢献
チャレンジします



自然食品のニュートロで子猫元気! スコティッシュフォールドとは
自然食品で安心です





































































PAGETOP

スコティッシュフォールドとは 用語集。意味解説激安スコティッシュホールド専門仔猫販売サイト 大阪市 兵庫 奈良 格安大阪・京都・兵庫等全国。安い格安スコティッシュフォールドとは意味解説専門店

このサイトに使用されているホームページ・文章・画像等は無断で複製・使用を禁止します。